本日付けの日経新聞の朝刊にて、農林水産省と国土交通省が生産緑地維持の対策に乗り出す旨が報じられました。
相続税の猶予や貸借の柔軟化で、市民農園などでの活用を促し都市農地を守ることが目的としています。

※本記事はこちら(有料会員登録が必要になります)
>https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS01H60_V00C17A9MM8000/

※弊社参考記事はこちら
>生産緑地法改正の方向性
>宅地が飽和する?2022年問題とは

土地カツ資料請求ボタン