農地活用事例(東京)「新しい農地活用を一緒にやりたかった。」

農地活用事例(東京)「新しい農地活用を一緒にやりたかった。」

電話
  • 東京 03-6302-0963
  • 関西 06-4862-4523

[ 受付時間 ] 9:30〜18:30 年中無休(年末年始を除く)

  1. トップページ
  2. オーナーの声
  3. 農地活用事例(東京)「新しい農地活用を一緒にやりたかった。」

農地活用事例(東京)「新しい農地活用を一緒にやりたかった。」

この記事をシェア

この記事をシェア

今回、東京都八王子市に開園された「シェア畑八王子」の地主様である田中さんにインタビューに応えて頂きました。


シェア畑八王子は、約5年前に開園し、これまで多くのお客様にご利用頂いています。お客様の高い稼働率とお客様の継続率を誇っています。ご好評を受けて区画を増設し、今年9月から募集しています。そして、今回インタビューに応えて頂いた地主の田中様にも大変満足して頂いています!!



なぜシェア畑開設を決めたのか。


Q.シェア畑開設前の農地の活用方法は?

田中さん「シェア畑開設以前は、父が営農していました。しかし、父が体調を崩し、農地の管理をする者がおらず、困った状況でした。その際、宅地化を考えましたが、建築関連の法律により宅地化は難しいということが判明しました。また、親戚に貸すことや農地のまま売却も考えましたが、農地が市街化区域でしたので売却は難しく活用方法を模索していました。」


Q.シェア畑を知ったきっかけは?

田中さん「土地活用方法の活路を見出すために、賃貸住宅フェアに参加した際にアグリメディアの諸藤さんとお話を伺ったのがきっかけです。」

「その時に、シェア畑開設の説明のみならず、アグリメディアの事業やビジョンについて説明を受けました。シェア畑の事業モデルに感服し、何とか一緒にやりたいという思いが湧きました。」


Q.市民農園開設を決意した決め手は?

田中さん「農地活用方法について個人的な思いとして、先祖代々受け継いできた農地を農地のままで残したいという思いがありました。」

「シェア畑という事業モデルを一緒にやりたいという気持ちが強かったです。また、私がシェア畑開園を決める時までに、アグリメディアは都内で多くのシェア畑を開設していた実績もあったので、信頼できたことも一つの要因です。」



不安だったこと


Q.不安だった点は?

田中さん「農地の場所が八王子なので、元よりシェア畑開園の対象地域なのかということが不安でした。また、最寄駅から少し距離があるので、その点も不安でしたね。」



開設後のご感想


Q.開設後の感想は?

田中さん「菜園アドバイザーさん達のおかげで、農地の管理を任せられるので大変助かっています。農地内の区画も綺麗に整備されていて満足しています。」

「農地の管理については、菜園アドバイザーさんに任せており、私自身は年に数回開催されるシェア畑でのイベントに参加する際に農地を訪れる程度です。」

菜園アドバイザーとは、農業経験があり、地主様の代わりに農地を管理したり、ご利用客に栽培の指導を行ったりします。


シェア畑八王子の今


シェア畑八王子は現在大好評のシェア畑であり、多くのお客様に1年間だけでなく複数年に跨りご利用いただいています。開園後、後利用客は順調に増加したため隣接の農地を利用し増設に至りました。増設後も人気ぶりは陰らず、今年9月に増設した分の90%以上が稼働しています!


終わりに


今回取材させて頂いた田中さんには大変サポートを頂戴しながらシェア畑を運営させて頂いております。日頃より感謝しております。

この記事が、現在もしくは近い将来の農地・遊休地の活用にお悩みの方にとって一助となれば幸いです。


当社アグリメディアは、農地・遊休地・生産緑地を収益化できるシェア畑の開設を提案しています。是非、詳細資料でその特長や開設事例をご覧ください。


詳細資料のダウンロードはコチラ


ご相談はこちら

9:30〜18:30 年中無休(年末年始を除く)